SH13Cが思ってた以上に良かった!

2011/8/3 22:45:36 カテゴリ: Android,イベント — ぱる


8/2に行われたAQUOS PHONE f SH13Cタッチ&トライイベントに参加してきました。

参加するまではなんでワンセグ載ってないの?とか、なんで画面3.7インチ?とか、miniSIMってどうなのよ?って疑問や不満持って参加したけれど、そんな気持ちは大体解決出来たかな。
コレ、思ってた以上に良い端末かも。

SH13Cってどんな携帯?

「世界初のおくだけ充電に対応した防水カジュアルスマートフォン」です。
ライフスタイルにfitするスマートフォンがコンセプト。
AQUOS PHONE fの「f」はこのfitとかfreeを表しているらしいけど、ちょっとわかり辛いね。

カラーバリエーションはPINK、WHITE、BLACKの3色。

初めはやっぱり白がいいよねと思ったけど、黒も良さそう。
SHARPの人曰く、ピンクが広告に使われてる事でターゲットは女性に思われがちだが、黒とか白を男性が持ってもカッコいいのではと。

疑問や不満点はどうなった?

必要な物を絞った結果ワンセグは不要と判断

SHARPの方の説明では

全部入りのハイスペック携帯ではないので、必要不要を検討した結果、ワンセグは不要と判断

と言う事でした。
SHARPが考えるライフスタイルにはワンセグはフィットしなかったのかな?。
TVが無い移動中とかはライフスタイルじゃないの?
TV見たければ自宅で録画した物を転送して見なさいって事か?
うちの家族、結構ワンセグ使ってるみたいなんだけどね。
オレはXperiaなのでワンセグ見られませんが。

ちなみにオレの今の優先度で言うと

  • Felica(お財布ケータイ)
  • Android2.3
  • ワンセグ
  • 防水

と言う感じでワンセグの優先度はあまり高くないので、SH13Cでもアリと言えばアリです。
けど、どうせなら全部入りが良いな?。

miniSIMと画面サイズはサイズ的な問題

画面サイズが小さいのは電池容量(1230mA)が少ないので省電力の為かと思ってたけど違ったみたい。
電力には画面サイズよりも解像度の方が効いてくるらしい。

サイズ的にはXperiaとほぼ同じサイズで持った感じしっくりきました。

白い机に白い携帯なのでちょっと見辛いかな。

持った感じ、男性の手には丁度良いサイズでは?

CPUが1GHzとSH12Cより遅くなってるのは?

SH12Cは3D液晶でパワーが必要だった。
端末独自のチューニングを行う事で1GHzでも遜色ない動きが出来ているはず。

確かに触った感じ遅いとか、引っかかると言ったことは感じなかった。
むしろぬるぬる指にくっついて動いてくれて良い感じだなと思ったくらい。

おくだけ充電についての良いと思った点

充電は電池だけでも可能


スマートフォンて電池の持ちが悪いので、電池を複数持っていると言う人も本体に電池を入れなくても充電できます

本体にカバーが付いてても充電可能

材質や厚みにもよるが、カバーをしたままでも充電出来ます。
クレドールだとカバーが付いてると使えないとか、端子を保護するカバーを外さないと充電が出来ないが、SH13Cはそういう問題がない。

おくだけ充電についての微妙だなと思った点

充電台の表面は滑りやすそう。
全面が滑りにくい材質じゃなくても良いので、一部にでも滑りにくい材質を使ってくれれば良かったのに。

後は気になった事をつらつらと

カメラアプリ良さそう
DLNA対応
パフォーマンスチューニングに使ったのはTwicca
電話帳の使用感にもにもこだわった
マナーモード切替にもこだわった
伝言メモも搭載しました
手書き入力できます
アプリの終了機能も載ってます
スクリーンショットも簡単に撮影できます
ユーザーメモリの空き領域1.2GB

羨ましい所ばっかりだよ!
特に空き容量1.2GBって何よ!
アプリ入れ放題じゃ?ん。

他の参加者の方の記事はこちらから


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment


Fatal error: Call to undefined function bstat_hitit() in /virtual/pal3/public_html/wp-content/themes/pal3/footer.php on line 21